戸定が丘歴史公園(松戸市)

千葉の公園ガイド > 松戸市 > 戸定が丘歴史公園

  • 公園入り口の茅葺き屋根
  • 入場フリーの庭
  • 徳川慶喜と徳川昭武
  • 戸定邸の庭
  • 戸定邸の建物外観

戸定が丘歴史公園概要

日本で唯一公開されている徳川家の住居のある公園です。戸定とは人名ではなく、江戸幕府末期の人物水戸藩藩主「徳川昭武」の別邸の呼称です。戸定邸の周りは緑に囲まれ、散歩道も整備されています。戸定邸に入るのは有料ですが、周りの公園や梅園などは無料で散策できます。

所在地 千葉県松戸市松戸714-1
駐車場 乗用車19台・バス2台(バスは事前の予約が必要)
※土日祝日は混雑しますが、公園の周りにも駐車場があります。
開園時間 公園への入場時間はは9時からです。
戸定歴史館への入場は有料となります(1施設大人150円、共通チケット240円)。
※開園時間は9:30~17:00で、入場は16:30まで
※中学生以下は無料です
※身体障害者手帳及び療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付者とその方を介護している同伴者も入場無料です。
月曜日は休館となっていますのでご注意ください。(月曜日が祝日の場合には翌日が休館です)
年末年始も休館日になっています(12/28~1/4)
連絡先 047-362-2050
電車・バスの場合 JR松戸駅東口から歩いて位約10分の場所にあります
施設 戸定歴史館
戸定邸の隣にある建物です。徳川昭武が将軍徳川慶喜に派遣された際に訪れたパリ万博に関する資料や幕末の古写真関連の資料を見る事ができます。

戸定邸
まわりには芝生が植えられていて、歴史を感じつつも豪華さを感じる建物です。関東の「富士見百景」に選ばれています。

散歩コース
毎日整備されている園内には徳川昭武が費用を出して運んできたヒヨクヒバなどの樹木を鑑賞する事ができます。さらにその後公園整備の際に運び込まれた桜・梅などもあるので季節にはお花見を楽しむ事もできます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

戸定が丘歴史公園の施設・見どころ

ゴージャスな樹木を眺められる戸定邸の窓戸定邸

徳川家の住まいがそのまま残存されているという貴重な資料であり建物です。徳川というと「江戸時代」を想像するのが一般的ですが、ここ戸定邸の主人「徳川昭武(あきたけ)」は、1853年(嘉永6年)生まれで1910年(明治43年)まで生きた人物なのでほぼ明治時代の人物といっていいでしょう。

江戸幕府15代将軍「徳川慶喜」の弟でその後継の最有力候補だったその昭武と家族や使用人達が住んでいたのがここ戸定邸です。庭の景観にはかなり力を入れていたらしく、昭武が愛した中庭などは忠実に再現されているので是非一度訪れてください。

一般の入場料は150円(歴史館との共通券を購入すると240円で両方入場できます)です。邸内には多くのガイドさんがスタンバイしており、無料で色々と教えてくれるのでかなりおすすめです。受付で「ガイドさんお願いします」と言ってくださいね。

両脇に花を見ながらの散歩コース園内の散歩道

戸定邸や歴史館の中に入るのは有料ですが、外の公園を歩くのは無料です。もともとは7万平方メートルもあったという敷地は現在では1/3ほどとなりましたが、園内には徳川昭武が運ばせたというコウヤマキ・ヒトクヒバなどの大きな樹木や梅・ベニシダレザクラ・藤など四季を彩る草木が綺麗に配置されています。ただ、季節によっては蜂が大量に飛んでいるので虫除け対策は万全にしてくださいね。

アクセス便利な松戸駅から徒歩圏内駅からのアクセス

徒歩で訪れる人にとってJR常磐線「松戸」駅から徒歩約10分というアクセスの良さはかなりの魅力です。グーグルマップを使うとすぐに公園にたどり着きますが、駅の近くの目立つ場所に「戸定ヶ丘歴史公園」の案内が出ているので、それを辿って行くのも古風で面白いかもしれませんね。松戸駅前にはたくさんのコンビニがあるので飲み物を買っておきましょう。

戸定ヶ丘歴史公園は芝生広場でお弁当、といったタイプの公園ではないので食べ物を持参しても食べる場所に困るのでおすすめできません。駅の近くに食べ物屋さんがたくさんあるので公園を見学した帰りに駅近で食事、というコースがおすすめです。

無料駐車場横にある売店駐車場

松戸駅から近いにも関わらず無料の駐車場が完備されている良心的な公園です(2017年5月現在)。管理人さんが常駐しているので誘導に従ってください。駐車場にたどり着く手前は歩行者が多く歩いているので気をつけて来園してくださいね。駐車場内には古風で粋な売店もありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pagetop